2020年8月で日本の敗戦から75年を迎える。

アジア・太平洋戦争という言葉を考えるとき、その先にある対象の漠然とした、そして途方もない広さにしばし思考が途切れてしまうのは、それはおそらくその文字通りの地理的広さと75年という月日を経る中で、私たち自身がその言葉に接点を見出すことが難しいからかもしれない。あの戦争を経験していない現代の若者にとって、その接点とは歴史の授業であり、映画であり、小説であり、そして、一部の幸運な人間にとっては、祖父母、曽祖父母世代から聞いた生きた声だった。残念ながら、それらの幸運な機会を持つことが出来る人々は向こう10年、20年でほぼ完全に失われ、それから先は、その機会を持つことが出来た人たちの声を頼りに、それらのことを想像するしか出来なくなる。戦争が歴史の年表における完全な過去となる。

しかし、戦争を「ある物語」が始まった一つの起点と捉えたとき、それは未だに続く一連の出来事の一つの断片でしかないことに気づかされる。それら、戦争が残した物語は、経済復興を遂げてもインターネットが普及しても、個人の中に残り続け、次世代へと伝播していく。それらの多くは長い間、沈黙を強いられながらも、勇気ある人々の意思によって、今なお続く戦争の物語として、過去と断絶された接点をもう一度現在に接続してくれる。

写真展「Reimagining War」は、それら過去と現在の接点を写真家自身が見出しながら、「過去の大戦」ではない、今なお「戦争と地続きにある物語」を記録した作品が展示される。インドネシア、オランダ、オーストラリア、マレーシア 、北朝鮮、韓国、そして東京、大阪。それぞれ、異なる地で撮られた異なる人々・風景の写真はアジア・太平洋戦争を一つの起点としながら、75年の時間の経過を追いながら現在から見た戦争の一つの帰結を提示する。

戦争を知らない写真家たちが記録した戦争の物語。それらの物語が、これからの私たちの中にとどまり、今一度、戦争とは何かということを考えるきっかけになることを心から願っている。

 

 

 

奥山美由紀・小原一真・木村肇・林典子

In August 2020, it has been 75 years since the surrender of Japan.

When we think of the name “Asia-Pacific War,” our thoughts are disrupted for a moment by the expression’s vagueness and extravagant vastness. This may be because it is difficult for us to find our contacts relate with the word due to its literal geological geographical largeness and the length of 75 years. For today’s youths who have no experience with the war, the point of contact with it is nothing more than history lessons, movies or novels. Some fortunate ones may be able to hear personal stories told by their grandparents and great-grandparents, but unfortunately, such blessed opportunities will be mostly lost in the next 10 to 20 years. Beyond that, it would be only possible to imagine the war based on the secondhand stories told by the ones who had the chance to hear them. The war will become a thing of the past completely.

However, if we take the war as a point of origin of “a story,” we would notice that it is merely a fragment of a continuing affair.  Even after the economic reconstruction and prevailing of the Internet, the stories originated from the war would remain within us and be passed on to the next generation. Many of such stories, even though being forcibly silenced, would connect the once-disconnected past to present again as the ongoing stories of war with the wills of courageous people. 

The photo exhibition “Reimagining War” presents the works recording the stories still tied directly to the war instead of the “battle in the past.” It shows how each photographer finds the connection between the past and the present. Indonesia, the Netherlands, North Korea and Tokyo: each photo project captures the various people and landscapes in various lands with Asia-Pacific War as an origination.  Each of these projects presents a consequence of war as it traces the passage of time of 75 years.

These are the stories of the war captured by the photographers who do not know of the war directly. We sincerely wish that these stories will remain in us and trigger us to think of war once again.

Hajime Kimura, Kazuma Obara, Miyuki Okuyama, Noriko Hayashi